風俗はお仕事だという事を決して忘れてはいけません

風俗店で働くための心得とは、いつでも風俗はお仕事だという事を忘れない事です。

 

 

どんなお仕事でもそうなんですが、働いているという事は、お金が発生してるという事です。

 

 

つまり、お金にとって損か得かを考える必要があります。

 

 

 

普通のお仕事なら、ビジネスだと割りきる事ができますが、風俗の場合は公私混同しやすいのが、お仕事だと忘れてしまう原因です。

 

 

お仕事で異性と接しているはずなのに、いつの間にかその人が好きになってしまったら、もうアウトです。

 

 

 

人を好きになってしまうと、損か得かを考えられなくなってしまいます。

 

 

すると、お客さんにお金を使ってもらわなければいけない風俗なのに、いつの間にか自分がお客さんに貢いでるという事にもなりかねません。

 

 

 

さらにお客さんを好きになってしまうと、他のお客さんに目がいかなくなってしまいます。

 

 

お客さんと付き合いながらも、風俗で働く器用な風俗嬢もいますが、みんなが器用ではありません。

 

 

また風俗に通う人ならば、付き合った後も風俗通いを続ける可能性は高いです。

 

 

そうなると、傷つくのは自分なんです。

 

 

 

お客さんの事を気になり始めたら、これは仕事だと呪文のように頭へ刷り込んだ方がいいと思います。

 

 

そして、一つ一つの行動が損か得かを考えた方がいいと思います。

風俗で働く為には強い目標を持つこと

これから風俗の仕事を始めてみたいと思う女性へ。

 

 

まずは目標を決めましょう。

 

 

「お金が沢山欲しいから」というただ漠然とした考えで風俗業界に足を踏み入れたら絶対に挫折します。

 

 

働いてもすぐに辞めたくなると思いますし、風俗という仕事を選んだことも後悔するでしょう。

 

 

 

風俗で働くからには風俗で働いてどうしたいのかということをしっかり考えてから面接を受けに行くことが大事です。

 

 

 

お金が欲しいというだけではなく、具体的なお金の使い道を自分で考えましょう。

 

 

大阪の風俗求人|いちごナビに掲載されていた「貴女の目標は?」というインタビュー記事では、風俗で働くさまざまな理由がでていました。

 

 

ローンがあるので返済したい、一人暮らしを始めたいからお金を稼ぎたい。

 

 

シングルマザーで家計を支える為に頑張りたい。

 

 

留学する夢があるから費用を稼ぎたい。

 

 

起業を始めるにあたり資金を集めたい。

 

 

 

風俗で頑張って働いている方は強い目標を持っています。

 

 

 

また、どうして風俗で働きたいのかということは面接を受ける際にも必ず聞かれることですので、目標は持ってて損ではありません。

 

 

 

見ず知らずの男性と裸で行為をするというのは普通の女性では中々出来ないことです。

 

 

ですが、強い目標があればめげずに頑張ることが出来るはずです。

 

 

 

強い目標があったとしても、挫折してしまったらその時はその時で仕方ありません。

 

 

まずは目標を考えた上で面接の申し込みをしましょう。

お客さんを癒してあげる風俗嬢が求められる時代

風俗嬢は、ただマニュアルに沿ってお客さんのエッチの相手だけをしていればいいわけではありません。

 

 

必ずしもマニュアル通りな展開になるとも限らないし、マニュアル通りの対応だけしていてもお客さんには飽きられてしまいます。

 

 

ただお店に在籍しているというだけで指名も入らないと稼ぐことは出来ません。

 

 

 

男性は何故風俗サービスを利用するのでしょうか。

 

 

エッチしたいからというのもありますが、その裏を読めば寂しさがあるからです。

 

 

 

寂しくなければ他人の女性と高いお金を払ってエッチなんてしなくても平気です。

 

 

 

風俗嬢としてお仕事をする為には、ただエッチの相手をするのではなく、利用してくれるお客さんたちの心のケアもしてあげることが大事です。

 

 

 

お客さん達はエッチをして女性に癒されたいからお店を利用してくれるわけです。

 

 

エッチするのが目的ではなく、中には女の子とお喋りする為にだけ来店されるお客さんも今は珍しくありません。

 

 

それだけ心に寂しさを抱えているという人が多いのです。

 

 

 

これからの風俗嬢はテクニックだけではなく、会話のテクニックも向上させていく必要があります。

 

 

エッチが上手い嬢は勿論ですが、会話をしていて楽しい嬢は必ずリピーターさんが付きます。

 

 

 

また会いたいと思われるような癒しのパワーを持つ風俗嬢を目指しましょう。